NEWS

【産直セット10月】幻のミニ牡蠣「大入島オイスター」

その土地の食を深掘りし、ペアリングでお届けする「日本酒応援団 産直シリーズ」。

産直シリーズ10月は、国内随一のキレイさを誇る大分の離島から、生産量がごく僅かな幻の牡蠣「大入島オイスター」をお届け。

【牡蠣好きに嬉しい、良いこと尽くめの希少牡蠣】

大入島オイスターは、一度も産卵をしたことがないバージンオイスター。

ミニサイズで、簡単に殻を剥くことができ、ぎゅっと詰まった身は、まるでチーズのように濃厚クリーミー。

【驚きの鮮度の理由】

早朝に収穫した牡蠣を24時間殺菌して、翌日新鮮なまま冷蔵便で出荷します。

他の地域では3日程度かかる殺菌時間が短くて済むのは、大入島の海が大変綺麗なためです。

【なぜ濃厚?】

シングルシード方式で牡蠣をカゴに入れ1個ずつバラバラで養殖するため、1つ1つの身にしっかり栄養が行き渡るため、小さな身に旨みが詰まっています。

<大入島オイスターを召し上がった方のお声>
・美味しいだけが残る。チーズと言って嘘じゃない。
・大きくはないですが、味がとにかく濃厚で美味しい。
・牡蠣自体も爽やかで、日本酒ととても相性が良かったです!
・濃厚なミルク感、後味のキレの良さ、サイズ感、共に自宅のオードブルに最適でした。
・殻開けも岩牡蠣に比べてはるかに簡単。牡蠣好きには最高。

【オススメの食べ方】

新鮮な牡蠣は、やはり「生」で。

出来ればレモンをキュッと搾っていただくと、レモンの酸味で五味のバランスがより洗練されます。

ぜひカットレモンをご用意のうえお楽しみください。

【生産者の宮本さん直伝の食べ方。オイスターシューティング】

ちょっと珍しく、美味しい「オイスターシューティング」という食べ方をご紹介。

生の牡蠣をお酒に沈めて、牡蠣が酔っ払った頃合いを見てお酒も牡蠣も楽しむという、贅沢な食べ方。

実際に食べてみるとお酒を吸った牡蠣の味わいが何とも言えず、クセになります。

アイルランドでは、生牡蠣に常温の黒ビールを合わせるそうです。よければぜひお試しくださいね。

【家飲みに嬉しい、選べる2つの量】

人数に合わせて、お楽しみいただけるよう【1人前】【2〜3人前】の2つをご用意しています。

商品詳細は以下のページから、ご覧ください。

  • 【究極のペアリング産直シリーズ・10月】幻のミニ牡蠣 大入島オイスター16個×KUNISAKI純米大吟醸(1人前)[238]

    ¥6,990

  • 【究極のペアリング産直シリーズ・10月】幻のミニ牡蠣 大入島オイスター40個×KUNISAKI純米大吟醸/純米(2-3人前)[239]

    ¥12,400