NEWS

酒米の名前が決定!試験醸造品「NOTO プロトタイプ」

【石川県が開発した新しい酒米、いち早く体験しませんか?】

二度と手に入らない、新酒米の試験醸造年度のビンテージ。販売終了間近。

石川県が新しく開発した酒米を使い、1タンクだけ先行醸造した「NOTO プロトタイプ」。

試験醸造は10社のみで、実際に販売できたのはごく僅かです。

---------------------------

★酒米の愛称は「百万石乃白(ひゃくまんごくのしろ)」に決定!

「百万石」は加賀百万石の石川県の酒米であること、「白」には混じり気のない純粋さ、すっきりとした味わい、精米された酒米の白さ、仕込み時期の雪景色をイメージ。

「オール石川」の大吟醸酒を実現するため、10年以上かけ開発された、石川県にとって悲願の新しい酒米です。

---------------------------

<NOTO プロトタイプのポイント>

① ついに愛称決定!新酒米「百万石乃白」を先行体験:
応募総数3,000件から、石川県が名前を決定。4月からの本格発売前に、一足早く先行体験できます。

②これを逃すと入手困難「百万石乃白」の2019ビンテージ:
先行・試験醸造をしたのは石川県の10社のみ。商品化もほとんどされていません。